2016年11月12日

上野茂都CD発売記念ライブ


 
 11.14(月)吉祥寺マンダラ2

 上野茂都新作CD発売記念ライブ、豪華バンドセット!


20161110+.jpg


左から

唄 上野茂都
ドラム みしませうこ
エレキギター 牧野琢磨
コーラス 見汐麻衣
ギター、ピアノ 伴瀬朝彦
パーカッション イトケン
ベース 服部将典


この日のための特別編成!ぜひ聴きに来てください。きっとあたたかい歌謡ショーになることでしょう。


「上野茂都CD発売記念ライブ」

日時 2016年11月14日(月) 開場18時半 / 開演19時半
場所 吉祥寺MANDA-LA2
料金 前売2200円 / 当日2500円(共に+D)

【出演】

上野茂都(唄)
伴瀬朝彦(g.pf) 牧野琢磨(g) イトケン(perc)
服部将典(b) 見汐麻衣(cho) みしませうこ(ds) 
 


前売券マンダラ2店頭販売中。
主催の円盤からもご予約できます。
→Tel 03-4291-3555
mail mitsuzawa2shin@jcom.zaq.ne.jp




posted by ばんせ at 00:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

ボブディランが家に来た(夢バージョン)


 
 
 ボブディランが日本に来ることになり、ホームステイ先が急遽我が家に決定した。

 
 
 これは大変だ、部屋は散らかしっぱなし、しかしもうすぐに到着してしまう、ということで布団カバーだけ新しいものと交換することにした。

 目も虚ろ、ボロボロの、確か茶色のコートを羽織って玄関にふらっと現れた彼の顔は、映像や写真で見たそれとは大分違っているように見えた。鼻が異様に大きかった。

 おもむろに彼は、ボコボコのカンペンケースから鉛筆と消しゴムを取り出し、「紙をくれ(たぶん英語)」とわたしに言った。

 お礼の手紙を書きたいのだという。

 いつも使っているA4のらくがき用紙を一枚渡すと、彼は小さく首を捻った。「もっとやわらかいやつをくれ(たぶん英語)」

 わたしは慌てて、油とり紙、トレーシングペーパーなどを引っ張り出し、次々と彼に渡したが、どれをみても首を傾げるばかり。

 「もういい(これはたぶん日本語)」と彼は言い、今度は黒ペンを取り出し、先程換えたばかりの布団カバーを抱え、そこに何かを描きだした。

 よく見てみると、カバー一面、無数に描かれたひまわりのような花の輪郭を、うつろな顔のまま黒ペンでひとつずつ丁寧になぞっていた。全部なぞるのに5時間はかかりそうだ。

 
 ああ、大変な客人が来てしまった。。

 
 どうやらわたしは日本公演のツアーマネージャーも任されることになったらしい。

 リハーサルの時間をきっちり守れるかどうか、不安で一杯になった。


 とはいえ生きる伝説が目の前にいる。夢中で布団カバーにペイントしている彼に、何かひとつ質問をしてみようと思った。

 どうせなら今まで彼が一度もされたことのない質問を考えたかった。

 
 考える。

 考える。
 

 う〜ん。


 【頭痛で目が覚める】


 

 
posted by ばんせ at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

cookingsongs「CookingSong」


 晩秋三部作、完結は「cookingsong」。

 
 cs_jkt.jpg
 

 2014年2月より荻窪ベルベットサンで、高橋保行と伴瀬朝彦のふたりでゆるーく始まった隔月企画「cookingsong」。

 名が示すとおり、ふたりで料理を作ってふるまい、ふたりで歌うという企画。

 渋さ知らズ等で活躍するやっさんこと高橋保行とは、20年来の知り合いです。わたくしが大学生のころバイトしていた居酒屋の先輩であります。伝票を投げ捨てたりバックレたりとひどい先輩でしたが、実は親心もあって後輩思いの憎めない男です。

 20年来とはいえ、この企画が始まるまで、お互い音楽面でほとんど交わることがなく、一度も一緒に演奏をしたことがありませんでした。

 何の虫の知らせか、2年前にやっさんの思いつきで「やるぞ」、とメールが来たので「やりましょう」、と返して軽く実現したのです。

 「死ぬまで続ける」と言ったやっさんの言葉を忘れないようにしてますが、アイデアマンかつ飽き性、という性質も理解しているので内心大丈夫かしらと思ってましたが、徐々にバンド編成となり、なんとCDをプレスリリースするところまでこぎつけたのは快挙というほかありません。


メンバー全員が「やっさん」という生き物に興味があって、そのアイデアを汲み取ることができるのがこのバンドの強みだと思います。

 やっさんの畑であるフリージャズの要素はかなり抑えられ、熱いポップに仕上がってます。

 「あいたい」とか「生きる」という言葉が素直に伝わり、なおかつ笑える人というのは、なかなかいないです。


こちらは11/9発売、11/17がレコ発in下北沢440!御チェック、よろしくお願いいたします。


posted by ばんせ at 20:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする