2016年10月13日

青天の霹靂2016


 
 この時期、告知したいことがけっこうありまして、今回は青森県初となる特A米を取得した「青天の霹靂」。

 昨年はほぼ青森県限定で発売され、今年からは全国的に出回るというとてもおめでたい年です。


 まことに光栄なんですが、その青天の霹靂のTVCM曲を作らせていただきました。

 昨年は青森県内限定放映でしたが、今年はパワーアップバージョンが全国放映されます。

 というか10/10からすでにオンエアされています!テレビ朝日とTBSでじわじわ流れてます。

 お米ができた喜びを隠すことができず、走ってしまったという、シンプルでぐっとくる映像です。
 
 青森の人々と風景が全面に押し出されていてとてもいいっすね。

 テレビの場合は15秒、30秒の尺ですが、青天の霹靂HPをご覧いただくとフルバージョンで見ることができます!

 3分半にわたるCMなぞ、わたしが小学生の頃見たコカコーラのCM(資料は記憶のみ)くらいなんじゃないかと思いますよ。


 誰が歌ってるの?といった質問もちらほら出てくる頃かとおもいますのでせめてここにクレジットを表したいと思います。


 歌 松倉如子
 パーカッション あだち麗三郎
 ウッドベース 服部将典
 サックス 遠藤里美
 トランペット 三浦千明
 トランペット 田村和紀
 トロンボーン 川松桐子
 ガットギター 伴瀬朝彦

 
 2016年版CMはコチラから見れます。
 


 そして、先に発売されたソウルフルユニット松倉如子×伴瀬朝彦「ココア山」もあわせてよろしくお願いいたします。好評発売中。

 
 



posted by ばんせ at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

上野茂都の別天地〜やがて風に乗る〜


 秋の3部作、第2作目は、上野茂都さんです。

 
 EBD-134.jpg


 ブロークン三味線弾き歌い、彫刻家であり、モダンなオリジナル和風ポップスを生み出す才人。ゲルニカ上野耕路の実弟。最近では映画「のぼうの城」にも出演。歌唱、お笑いイベントからホールの演奏会まで縦横に活躍し、その卓越したポップソングたちは、浜田真理子、ふちがみとふなと、ETT、加藤千晶など、数々のシンガーにも取り上げられています。
 これまでの作品は、渋谷毅や関島岳郎、中尾勘二、船戸博史、宮野裕司ら、ベテランの名手たちに支えられた演奏で製作されてきましたが、本作はタイトルが示す通りの別天地を目指して製作。初めて自身よりだいぶ若手のメンバーたちに全部を預けて、上野氏は三味線すら置き歌唱に専念。上野作品のポップスとしてのポテンシャルに着目した若々しい作品になっています。

 サウンド・プロデュースと全曲のアレンジを、片想いのベーシスト、ホライズン山下宅配便のギタリストであり自身のバンド、アナホールクラブバンドなどで活動する伴瀬朝彦を迎え、円盤店内で一年半にわたりレコーディングを見据えた月例デュオ・ライヴを経てレコーディング。録音には他に、みしませうこ(ds)、見汐麻衣(コーラス)が参加、録音、ミックスにはイトケン。
 大瀧詠一を思わせるポップナンバーから、腰のくだけるムード・コーラスものまで、上野茂都という才人のこれまで隠れていたポテンシャルが全開放されたような内容になっています。化粧箱入り!

円盤HPより〜


 
 およそ2年前、高円寺円盤店主田口さんより、上野茂都さんの新作を今までと違う感じにしたいから伴瀬アレンジやってみろ、という命を受け、10年ほど続いている上野月例会に参加したところから始まりました。

 最初はぎこちないおしゃべりから始まり、探りを入れながらMTRでアレンジデモを作って、そのデモに合わせて歌ってもらう、というようなことを続けていくうちにまあまあ打ち解けてきて(男子高校生みたいですが)、この春にようやくアルバムができるくらいにデモもたまってきたので、さあ録音させてくださいということで、徹夜続き、バババと録りました。
 
 ドラムだけみしませうこさんにお願いし、あとはソロアルバム「カリハラ」を作ったときと同じように自分がウワモノをどんどん重ねていく、というスタイルです。みしまの優しいドラムは上野さんにぴったりだと思いました。

 コーラスを重ねるのは大好きなのですが、いかんせん自分の声だけ重ねていくとどうも面白くない箇所も出現し、ここはパリっとした女性コーラスもいれよう、という田口さんとの相談のもと、急遽見汐麻衣さんにお願いしました。ムードとポップを兼ね備えた彼女の声もやはり上野さんの空気にぴったりだと思いました。

 エンジニアはイトケンさん。ドラマーでもありおもちゃ楽器奏者でもある彼には頼ることが多く、迷ったときはイトケンさん判断で、というようなことも多々あり、ミックスに関してはほぼお任せ、という感じでした。飯も食わせてもらいました。

 いろんな角度からポップを捉えようとしてます。かなり痛快な作品になったと思いますよ。

 上野さんも文句ひとつ言わずに任せてくれ、そして伸びやか〜な声で歌い上げてくれたので非常にスムーズに進みました。楽曲に対しての自分のこだわり、少なからずあるでしょうが今回の作品については机の引き出しにでも隠してくれたのでしょう。
 
 ということで11月14日(月)マンダラ2、レコ発ライブで初売りとなります。

 ぜひお見知りおきを!


posted by ばんせ at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

伴瀬朝彦×松倉如子「ココア山」


 
 2016年初秋。片想い2ndアルバムも無事発売、大好評感謝御礼ということでレコ発ワンマンを終えました。

 ここから晩秋にかけて、わたくしが携わった作品が3タイトル、ポンポンポンと発売されます。

 全録音完了!しました。

 この時期、過去3度ばんせまつりというワンマンライブをやっておりますが、それぞれの作品を出してから次のステップに移らせていただきたい、ということで、見送っております。今秋はこれから発売される各タイトルを気にかけてほしいと願っています。申し訳ありませんが今は、自分の中でまつり状態です。機熟さばやりますから。

 というわけで一つめの作品を紹介させてください。



 伴瀬朝彦プロデュース松倉如子「 ココア山 」(ユニット名)で「 プラスワン 」(タイトル)。

 
 MYRD104.jpg

 アルバム詳細

 
 松倉如子(以下おまつで失礼)のうたを聞いたことのある方も多いと思いますが、おまつの歌声は芯が太く、他の何物にも代えがたい普遍性を持っていると同時に、実はいろいろな生き物に化けてしまう、いたずら心も持ち合わせていると感じます。

 「おまつとまさる氏」に見るおまつのうた、マサルさんのうた、ふたりの声が重なりあった時の「ホンモノ」感、これは聞き手に、揺ぎ無く与え続けていくことでしょう。

 しかし松倉如子の七変化にも注目してみましょう。

 今回の「プラスワン」は、作詞作曲すべてやらせてもらいました。こんな曲調におまつの唄が乗ったら、、、という想像のもと、ダバダバ湧いてきたソウルフルな曲たちです。おまつの中にはいろいろな葛藤があったと思います。「楽曲の一部としての松倉如子」。提示された曲に対し、どのような解釈、声色で臨むか。おまつとふたりで考える時間も多くありました。

 そしておまつ自身が、アーデモナイ、コーデモナイ、といろいろ模索して曲に入り込もうとした結果、歌い手として今までになかった部分を出せたのではないかと思っています。


豪華参加メンバーにも大満足。


Drum:光永渉
Bass:岩見継吾
Trumpet:みうらちあき
AltoSax:原奈津子
TenorSax:遠藤里美


短時間で気合のハイクオリティ演奏をかましてみせたみんなの音もぜひ聞いていただきたいです。



「ココア山」の「プラスワン」です。

 2016年10月5日発売!





 
posted by ばんせ at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする